学生が親に内緒でお金を借りる方法

絶対にバレたくない!学生のあなたでも親に内緒でお金を借りられる

最近の不況もあり、学費や教材費、一人暮らしの場合は家賃や生活費などを、自分で払っている学生さんが増えているようです。本業の勉学をおろそかにすることなく、アルバイトで自分に必要なお金を稼ぐ……そんな学生さんはとても偉いですね。

しかし、実際の生活では自分のアルバイト代だけでやりくりするのはなかなか大変かと思います。学生さん特有のお金の使い方として、学費や教材費の他に、サークルの合宿代や就活に使う交通費などがあります。学費は高額ですし、教材費は何ヶ月も前からこの金額が必要だとは分かりにくく、就活に使う交通費も急に必要になることが多いです。勉強やアルバイトだけではなくサークルだって楽しみたいのに、合宿代が無くて参加できない……なんてことになったら悲しいですよね。

もし急にお金が必要になったとしても、支払いを待ってもらうなどして、学生さんである間はキャッシングを利用せずに解決してほしいところです。しかし、世の中そういかないこともあります。それに、親に金銭的な援助を頼れない人も多いはずです。不況で親の生活自体も手いっぱいだったり、親にこれ以上迷惑はかけたくないと思うかもしれません。

そんな学生さんを応援するのが、学生でも利用可能なキャッシングです。キャッシングと聞くと不安を覚えるかもしれませんが、契約内容を理解して、きちんと返済すれば大丈夫です。もちろん借りられる条件はありますし、悪徳業者のような怪しい会社もありますが、大手の金融機関などであれば失敗はないでしょう。

借金していることを親にバレたくない学生さんのために、親に気付かれないうちにお金を借りて、返し終わることができる金融機関はあります。ですから、いろいろ探してみるといいでしょう。キャッシングできる条件は、まず年齢が20歳以上であることです。また、アルバイトをしていて定期的にある程度の収入がある人でなければなりません。アルバイトをしていない場合は、親の同意が無ければ借りられないので注意が必要です。申し込み時には、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要になりますので、用意しておきましょう。

最近はインターネットで申し込みから返済までを完結できるWEB完結キャッシングができるようになりました。お店に行くのは抵抗がある学生さんはWEB完結キャッシングができる金融機関を探してみてはどうでしょうか。この場合も本人以外に知られることはないので、安心ですね。

気を付けて欲しいのが、キャッシングはあくまでも最後の手段として使ってください、ということです。例えば、「この日までにこれだけのお金が必要なんだけど、アルバイト代が入るのは二週間後なんだよな」、といった時に利用してください。借金をするということは、きちんと返済しなければなりません。借りすぎるうちに返せなくなるほどの金額に膨れ上がってしまうことのないよう、困った時だけの利用にとどめてください。そうすれば、キャッシングの経験もあなたの社会経験の一つになるでしょう。